AdSense コード

東京から名古屋 やすく行く方法  電車編

せんちゃんブログ

東京から名古屋の行き方として、飛行機、電車、そしてバスの3通りがあります。

この中で最もリーズナブルかつ早く行けるのが電車です。

今回は、電車で行きたいが、なるべく費用を抑えたい人に

おすすめの行き方を紹介します。

新幹線その1 のぞみ

電車の中で最速ののぞみ。

東京から名古屋まで約1時間半で行くことができます。

運賃は指定席が11300円、自由席が10560円。

閑散期は200円引き、繁忙期は200円増しになります。

早くいけますが、その分お値段もはります。

費用を抑えたい人に取ってはあまりおすすめできる手段ではないですね。。

新幹線その2 ひかり、こだま

次に、のぞみよりやや時間のかかるひかり、こだま。

東京から名古屋まで、

運賃は指定席が11090円、自由席が10560円。

のぞみ同様、閑散期は200円引き、繁忙期は200円増しになります。

最新の価格については、JR東日本のえきねっとを参照ください。

えきねっと(JR東日本)|トップ:新幹線・JR特急列車の予約東日本のツアー 駅レンタカー申込
新幹線・JR特急の空席案内、申込のほか、国内旅行の予約も可能です。きっぷと合わせてレンタカー予約がおトクにご利用いただけます。

こちらも多少やすいとはいえ、1万円超えはなかなかですよね。

そこでおすすめしたいのが、JR東海の提供する、「ぷらっとこだま」

こちら、ひかり、のぞみに比べて停車駅が多く時間はかかりますが、

片道8500円というお手頃価格が魅力です。

日程が決まっており、時間にも多少余裕がある方に

ぜひともおすすめしたい手段です。

ぷらっとこだま|JR東海ツアーズ
こだま号片道プラン「ぷらっとこだま」。新幹線を利用したパッケージツアーを、専門店ならではの価格と品揃えでご用意しています。おすすめツアー情報やランキングのご紹介、お得な旅行プランの検索、ホテルや旅館の宿泊予約もできます。

在来線

新幹線は早くて便利な一方、料金が1万円超えするため、

お金に余裕のない人はためらってしまう手段です。

そんな方は、在来線で行ってみるのもよいでしょう。

所要時間は約6時間半と長旅にはなりますが、価格は6310円と

新幹線の半分くらいに抑えることができます。

時間はあるけどお金はない、という学生さんなどにおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は東京から名古屋間を電車で安く行く方法について検討してきました。

なるべく費用を抑えつつ、早く行くには

「ぷらっとこだま」が最もよいという結果になりました。

ニーズに応じて、新幹線ののぞみ、ひかり、こだま、

在来線を使いわけて行きたいですね。

それでは、また〜。

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました