AdSense コード

【3分で読める・IT初心者向け】ステートフルとステートレスの違い

IT基礎

通信の仕組みで必ず出てくる「ステートフル」と「ステートレス」。

まぎらわしいこの2つの言葉について、簡単に説明する。

ステートフルとは

ステートフルとは、質問に対する返答が状況によって異なることをいう。

人間でいうと、周りの状況に合わせて自分の主張を変える、

良く言えば臨機応変に対応できる人、悪く言えば意思の弱い人。

ステートレスとは

一方、ステートレスは、質問に対する返答が状況に関わらず毎回同じことをいう。

人間でいうと、どんな状況になろうとも自分の主張を変えない、

良く言えば意思の強い人、悪く言えば融通のきかない人。

ステートフルとステートレスの例

では、具体的にステートフルとステートレスなプロトコル(通信規約)はなにか。

まず、ステートフルの代表例にはTCPが挙げられる。

TCPは、IPアドレスを払い出す機能があるが、IPアドレスは状況に応じて変わるため、

ステートフルと言えるだろう。

一方、ステートレスの代表例は、HTTPである。

同じサイトにアクセスすれば、いつでも同じサイトを見られるのは、

HTTPがステートレスなプロトコルだからである。

このように、ステートフルとステートレスは用途に応じて使い分けられている。

参考

【初心者向け】ステートフル(Stateful)とステートレス(Stateless)の違い,IPv6やAWSでの考え方
ステートフルとステートレスの違いは気が利く奴か否かステートフルとは、状況によって、あるリクエストをしたら、レスポンス (対応や反応、応答内容等) が変わるもの。特に、それ以前のやり取りの状況 (ステート) によって回答が変わるものを言います
せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました