AdSense コード

【初心者向け】クラウドのメリット用語解説

IT基礎

以前クラウドについて紹介したが、クラウドのメリットとしていろいろとまぎらわしい用語が出てくる。

このページでは、その中でもわかりづらい

高可用性、スケーラビリティ、弾力性について簡単に解説していく。

高可用性

高可用性(こうかようせい)とは、可用性が高いことを指す。

可用性とは、システムが使える状態を維持している度合いを言う。

つまり、高可用性とは、システムが使える状態が長く維持されていること、

きちんと使える状態が維持されていることである。

そして、高可用性は一般的にシステムの冗長化、言い換えると

システムを二重にすることで対応する。

クラウドは、自身でサーバーを用意する必要がなく、高可用性が維持しやすい。

スケーラビリティ

スケーラビリティとは、需要の増減に応じて、サーバーの容量を増加、または

サーバーの数自体を増やすことを指す。

例として、事業拡大のため、サーバー容量を増やしたい、といったときに

スケーラビリティのメリットを生かす。

サーバーを用意する必要がないクラウドだからこそ実現可能な特徴と言える。

弾力性

弾力性(だんりょくせい)は、リソースの割り当てを柔軟に変更できることを指す。

スケーラビリティとの違いは、スケーラビリティがサーバーを増加するだけに対し、

弾力性はリソースの割り当ての増加、減少ともに対応することである。

この弾力性により、事前にリソース使用料を考慮する必要がなくなり、

ピンポイントで割当量を増加できるのでコストが安く済む。

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました