AdSense コード

【3分で読める】SQL入門 

IT基礎

SQLとは、データベースを操作するための言語のことである。

このSQLは一般的にはあまり知られておらず、とっつきにくいかもしれない。

しかし、実は簡単な構文でSQLは成り立っている。

初めてSQLを学ぶ人はぜひ参考にしていただきたい。

データベースってそもそもなあに?という方はこちらの記事をどうぞ!!

データベースとは?初心者にも分かりやすく解説
ITの世界にいると、必ず出てくるデータベース。なんだか難しそう。。。と思ったそこのあなた。データベース...

SQLの基本4構文

SQLは以下の4構文で成り立っている。

SELECT

使用目的:データを選ぶ。

使用方法:SELECT (取得したい要素) FROM (テーブル名)

テーブル名は、表のこと。対象となる表から、今自分が得たい要素を選ぶ際に

使用する。

INSERT

使用目的:データを挿入する。

使用方法:INSERT INTO (カラム名1,カラム名2, ) VALUE (値1, 値2, )

INSERTはSELECTに比べると少し複雑だが、

表の値(これは項目と考えていただければわかりやすい)に、新しい列を追加すると

考えるとイメージがつかみやすい。

UPDATE

使用目的:データを更新する。

使用方法:UPDATE (テーブル名) SET (更新処理)

更新処理は、例えば 賞与=50万 など、

全員の賞与を変更するといった場合に使用する。

UPDATEは表全体の値が変化してしまうため、使う際には注意が必要。

DELETE

使用目的:データを削除する。

使用方法:DELETE FROM (テーブル名)

このDELETEは、テーブルに書かれた値すべてを消去してしまう

大きな力を持つ。

実際は、WHEREという条件式と合わせて使うことが大半だ。

まずは4構文を使いこなそう!

今回は、SQL初歩の初歩として基本的な4構文

SELECT,INSERT,UPDATE,DELETEについて使用目的と方法を紹介した。

まずはこの4構文をしっかり理解し、

SQLについて理解を深めていただけたら幸いである。

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました