AdSense コード

世田谷区 おすすめ公園

せんちゃんブログ

東京23区の中で2番目の広さを誇る世田谷区。

都心とは思えないほど、たくさんの公園が存在することを皆さんはご存知だろうか。

本記事では、世田谷に4ヶ月居住した筆者おすすめの3つの公園について紹介する。

駒沢オリンピック公園

駒沢大学駅から徒歩5分のところにある、駒沢オリンピック公園。

この公園は、1945年に行われた東京オリンピックで、第2会場として使用され、

その後、運動施設して一般開放されたことからその名がつけられている。

園内には、2つの陸上競技場、野球場、サッカー場に

フィットネスセンターと運動するにもってこいの環境が整っている。

中でもおすすめポイントは、サイクリングロードとジョギングコース

きちんと整備されていることだ。

ジョギングコースを走ると、自分がまるでオリンピックのランナーになったような

気分を味わえる。

また、園内に梅や桜といった季節の花がたくさん植えられている。

隣にある駒沢大学を背景に写真をとれば、大学案内の表紙のような写真が完成する。

散歩にジョギングにちょっとしたピクニックに、、、

子どもからお年寄りまで、広く愛される世田谷の総合運動場だ。

駒沢オリンピック公園|公園へ行こう!
https://www.tokyo-walk.com/park/komazawakouen.html#two

羽根木公園

続いて紹介するのは、羽根木公園。

18ヘクタールとこれまたかなり大きめの羽根木公園の魅力は、

最寄り駅である梅ヶ丘駅から徒歩5分というアクセスの良さだ。

車がないという人でも気軽に行くことができる。

羽根木公園のユニークなところは、

子どもたちがものを作って遊べる、プレーパークがあることだ。

世田谷区の所々にある街の公園にもプレーパークは存在するが、

羽根木公園のプレーパークは規模が大きく、世田谷プレーパークの

総本山のような立ち位置にある。

また、公園内には梅林も存在し、

春にはきれいに咲いた梅の花を楽しむこともできる。

こちらも子どもから大人まで、幅広く楽しめる公園となっている。

羽根木公園 | 世田谷区ホームページ
軟式野球場などのスポーツ施設のほか、プレーパークや、茶室「日月庵」があります。2月上旬から3月上旬まで梅まつりが行われ、およそ650本の梅が咲匂います。
羽根木公園に遊びに行こうよ!

等々力渓谷公園

最後に紹介するのは、等々力渓谷公園。

23区唯一として知られる渓谷公園は、等々力駅から徒歩5分という

好立地にありながら、都心とは思えない静けさに包まれた、

本格的な渓谷公園である。

全長1キロに渡る渓谷を歩くと、

所々に湧き水や地層、動植物が見られ、自然を感じる事ができる。

赤いゴルフ橋と呼ばれる赤い橋や、いくつもある横穴古墳、

日本書院と見どころも抜群。

都心の喧騒を離れ、心落ち着くひとときを過ごしたい人には

ぜひともおすすめしたい公園である。

等々力渓谷公園 | 世田谷区ホームページ
等々力渓谷公園大井町線等々力駅近く、ゴルフ橋のたもとから階段を降りると、そこはまるで別天地の渓谷。
等々力渓谷公園〜23区唯一の渓谷〜

緑多き世田谷で素敵なひとときを

さて、今回は世田谷区にある3つの公園、

駒沢オリンピック公園、羽根木公園、等々力渓谷公園の魅力について

紹介してきた。

世田谷というと高級住宅街というイメージが先行されがちだが、

実は緑豊かな場所もある。

みなさんも、世田谷を訪れた際は

緑多き世田谷の公園を満喫していただきたい。

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました