AdSense コード

IaaS, PaaS, SaaSとは? それぞれの特徴とメリット・デメリット

IT基礎

クラウドの種類で耳にする、IaaS,PaaS,SaaS。

このまぎらわしい3つのクラウドは何を指すのだろうか?

この記事では、クラウドの3つの種類について、

それぞれの特徴とメリット・デメリットを

説明していきたい。

IaaS

IaaSはInfrastructure as a Serviceの略。

インフラをサービスとして提供するクラウド形態のこと。

そもそもインフラとはなんだろうか?

インフラとは、具体的に言うとサーバーやネットワークなど、

コンピュータになくてはならない土台の部分のこと。

これを提供してくれているのが、IaaSだ。

メリットとして、

自分でハードウェアの容量(ギガなど)や

OSの種類(WindowsかLinuxか)を決められる一方、

設計構築などの専門知識が必要になるデメリットがある。

したがって、自分でインフラ部分から作りたい場合に

使うのがよい。

PaaS

続いて紹介するPaaSはPlatform as a Serviceの略で、

プラットフォームをサービスとして提供する

クラウド形態のこと。

プラットフォームは、ここではOS,データベースなど

アプリケーションを使用するために必要な

ソフトウェアのことを指す。

イメージとしてはレンタルサーバーのようなもので、

IaaSよりサービスが良いぶん、自分で決められる部分が

少なくなるのが特徴だ。

SaaS

最後にSaaSはSoftware as a Serviceの略。

ソフトウェアをサービスとして提供するクラウド形態だ。

ソフトウェアには私達が普段使用する

いわゆるアプリが該当する。

代表例が、GoogleDriveやGmail。

インターネット上にデータを保存でき、

複数人と共有ができるというメリットがある反面、

ネットにつないでいないと使用できない、

アプリをカスタマイズすることができないという

デメリットもある。

1から作るのが面倒、アプリまで全て含めてサービスとして

利用したいときに使う。

メリデメ比較で最適なものを使用する

さて、今回はクラウドの3形態、

IaaS,PaaS,SaaSについてかんたんに見てきた。

3つともメリットデメリットがあるので、

比較して最適なものを選ぶ必要がある。

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました