AdSense コード

ひな祭りの由来と世界のひな祭り

日本の行事

ひな祭りの由来

3月3日に行われるひな祭りは、古代中国に由来する。

その昔中国では、1・3・5・7・9の奇数が重なる日に、

おそなえ、おはらいをする風習があった。

これは3月3日のほか、5月5日、7月7日が該当する。

日本では平安時代に年中行事になり、

それが江戸時代に「五節句」という祝祭日になった。

もともと節句に男女の区別はないが、優雅なお祭りである

3月3日が女の子のお祭りとなったようだ。

なぜひな祭りは祝日でないのか

不思議なのは

端午の節句は祝日にも関わらず

なぜひな祭りは祝日でないのかということだ。

気になったので調べてみた。

すると、江戸時代まではひな祭りも祝日であったことが分かった。

しかし、太陽暦が採用された明治6年、ひな祭り(桃の節句)と端午の節句は

ともに祝日ではなくなった。

それが戦後、国民のアンケートから、

端午の節句をこどもの日として祝日とすることになった。

つまり、もともとは祝日であったが

明治時代廃止され、

戦後5月5日をこどもの日として祝日にした、ということだ。

ほかにもあった世界のひな祭り

さて、日本由来のひな祭りだが、

世界で類似のお祭りはあるのだろうか。

結論から言うと、、、あった。

インドの「ナヴァラトリ」という行事。

これは、ヒンドゥー教のお祭りで、ナヴァラトリはサンスクリット語で

「9つの夜」を意味するとのこと。

その名の通り、9日間インド全土で行われ、

3日間に分けて女神に祈りを捧げる、女性のためのお祭りである。

日本のひな祭りと異なり女性全員が主役であるが、

ひな壇に人形をを飾ることもあり、

日本のひな祭りに近いと感じた。

また、イタリアにもひな祭りに近い行事がある。

その名も、「フェスタ デラ ドンナ」。

3月8日と、日本のひな祭りとわずか5日違いというのもかなり興味深い。

こちらも女性を対象としたお祭りだ。

イタリアでは、この日に黄色い「ミモザ」の花を男性から女性に

感謝の気持ちを込めておくるようだ。

おわりに

今回は、3月3日ひな祭りについて調べてみた。

日本固有の行事ながら、世界にも類似の行事があることは

なかなか面白いと思った。

みなさんも、行事について調べてみると

意外な発見があるかもしれない。

参考リンク

ただいまシステムメンテナンス中です-じゃらんnet
雛祭りが祝日でない理由|伝統の木目込み雛人形・五月人形・浮世人形|真多呂人形公式
女神に祈りをささげるお祭り「ナヴァラトリ(Navaratri)」 | INDIA GO!
インドでは先週から「ナヴァラトリ(Navaratri)」という ヒンドゥー教のお祭りが開催されています。 サンスクリット語で「9つの夜」を意味する「ナヴァラトリ(Navaratri)」は その名のとおり9日間インド全土で行われていて、 奇数…
せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
日本の行事
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました