AdSense コード

【1分で読める!】サーバーとは? 初心者にもわかりやすく解説

IT基礎

サーバーとは?

サーバーってきくと、どんなイメージ?

サーバー?

なんかでっかいのがドーン!ってかんじ?

うーん。確かにイメージはあってるね。

正しくいうと、サーバーは「サービスを提供する機械、もしくは役割のこと」をいうんだ。

ふーん。提供する側ってことは、それを受ける側もいるってことよね?

そう。受ける側のことを「クライアント」というんだ。

僕たちが普段使っているパソコンもクライアントになるんだよ。

サーバーとは、「サービスを提供する側」のことをいいます。

一方、サーバーが提供するサービスを受ける側のことを「クライアント」といいます。

まとめると、「サービスを提供する側」がサーバー、「サービスを受ける側」がクライアント

いうことですね。

だから、サーバーは必ずしも大きくなくてもよいんだ。サービスを提供するものであれば、自宅のパソコンもサーバーになりうるんだよ。

そうなのね!!

サーバーときくと、大きなマシンをイメージする人も多いかもしれません。

しかし、実は自宅にあるパソコンもサーバーとして使用することが可能です。

興味のある人はこちらのページをどうぞ。

仮想マシンで自宅サーバを作りホームページを公開するまでの話 | haloechoes
この記事は仮想マシンで自宅サーバを作りホームページを公開するまでの話をまとめたものです。

アップロードとダウンロード

サーバーとクライアントに関連した用語も追加で解説していくね。

アップロードとダウンロードは聞いたことあるかな?

聞いたことはあるけど、何かと聞かれると答えに困るわね。

そうだね。

アップロードはサーバーに情報を提供すること、

ダウンロードがサーバーから情報を受け取ることをいうんだ。

身近なものでいうと、アップロードは自分の写真や投稿をアップする、

ダウンロードにはファイルを取り込むことなどがあげられるね。

サーバーとクライアントの立ち位置を示す用語として、アップロードとダウンロードが挙げられます。

アップロードは「サーバーに情報を提供する」、ダウンロードは「サーバーから情報を受け取る」

と覚えておくとよいでしょう。

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました