AdSense コード

おすすめの本② 手紙 東野圭吾

今回はおすすめの本第2段ということで、

東野圭吾「手紙」を紹介したいと思います!

この作品は、犯罪加害者の視点から描かれた作品で、

亀梨和也さん主演で映画化もされました。

弟の大学入学のためのお金を窃盗、殺人をおかしてしまった兄と

その兄に人生を翻弄される弟。

そんなふたりをつなげるのが兄からの手紙。

兄にとっては外の世界を知る唯一の手段である一方、

弟にとっては人生を狂わせることもある兄からの手紙。

加害者家族への差別に苦しむ弟が最後にとった決断とは…。

読んでいる私たちに、

差別について深く考えさせる一冊となっています。


手紙 (文春文庫)
せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました