AdSense コード

2つの顔を持つ日本

今月22日、世界で核兵器を禁止することを掲げる、

核兵器禁止条約が発効されます。

しかし、この条約に日本は加盟していません。

いったい、なぜなのか。

それは、日本が持つ、二つの顔に起因しています。

1つは、世界で唯一の被爆国として、

世界に平和を訴える顔。

もう1つは、アメリカとの同盟下で、

核の傘により守られている顔。

アメリカとの関係があるために、日本は

核兵器廃絶を真正面から否定できない状態にあるのです。

しかし、これで本当によいのでしょうか。

私自身、戦争を体験したわけではないので、

被爆者の人の気持ちを完全に理解することはできません。

それでも、被爆国として、今の現状を容認したままは

いけないと思います。

まずは日本が核禁止条約に批准できない背景を知り、

どうしたらよいのか、私たち一人一人が考えていかないと

いけません。

このブログをみているみなさんにも、そのきっかけが

与えられたらと思って書かせていただきました。

まずは現状を知りましょう。

そして、どうすればよいか一緒に考えていきましょう。

日本が核兵器禁止条約に署名できない2つの理由
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月27日放送)にテレビ東京・政治部官邸キャップの篠原裕明が出演。日本が署名をしない方針を示した核兵器禁止条約について解説した。 加藤官房長官「核兵器禁止条約に署名し...
「核兵器禁止条約」とは? 日本の姿勢は?(日経気になるキーワード)
せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました