AdSense コード

七草がゆとは?1月7日は七草がゆをたべよう!!

グルメ

みなさん、こんにちは!

三が日も過ぎ、明日は早くも1月7日です。

お正月は、おせちにおもちに、、、

ちょっと食べすぎた~という人もいるのではないでしょうか。

そんなあなたにぴったりなのが、七草がゆ。

今回は、この「七草がゆ」について

見ていきたいと思います!!

七草がゆとは?

七草がゆとは、1月7日に食べる行事食です。

では、1月7日はなんの日なのでしょうか?

1月7日は「人日(じんじつ)の節句」といい、

これは古代中国の占いに由来します。

かつて、中国では元日をトリ、2日を犬、3日をイノシシ、

4日をヒツジ、5日をウシ、6日をウマ、

そして7日を人の日として占いをし、

一年の運勢を占っていたという歴史があります。

この人日の日に7種類の若菜を入れたお汁物を食べて、

無病息災を願っていました。

この流れが奈良時代の日本に伝わり、

のちの「七草がゆ」になったといわれています。

春の七草とは

では次に、春の七草の種類を見ていきましょう。

春の七草は、下の7つを指します。

どれも栄養満点の食材で、お正月に食べすぎたおなかに

やさしいものばかりです。

せり:水辺の山菜。香りがよく、食欲増進につながる。

なずな:別名ぺんぺん草。

ごきょう:別名母子草。風邪予防にも。

はこべら:ビタミンAが豊富で、腹痛に効く。

ほとけのざ:別名タビラコ。タンポポに似ており、食欲繊維が豊富。

すずな:かぶの別名。ビタミンが豊富。

すずしろ:別名大根。

七草がゆであたたまろう!

1月7日はぜひ、七草がゆを食べて体を温めましょう!!

七草がゆの作り方は簡単。

七草をゆでて、その中にご飯をいれれば出来上がりです!!

優しい味わい! 七草粥のレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN
七草粥とは、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)の春の七草をお粥にして1月7日に食べる江戸時代からの行事食です。1年間を無病息災で過ごせるとのいわれや、正月に疲れた胃を休めるために食べる意味もあります。今回お伝えするのは米から炊く人気レシピ♪簡単そうに見えますが、塩加減で美味し...

七草もそろえられない…!というあなたにはこんな商品も。


フリーズドライ 春の七草 業務用3g×10パック入り

1パックで2人前の七草がゆが作れるお得なパック。

おかゆに混ぜるだけで七草がゆができちゃう優れものです^^

七草がゆを食べて、寒い冬を元気に乗り切りましょう!

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
グルメ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました