AdSense コード

障害者週間 

皆さん、こんにちは!

突然ですが、12月3日から9日は「障害者週間」であることを、

知っていますか?

今日は、この「障害者週間」について解説していきたいと思います。

この記事が、「障害」について考えるきっかけになれば

幸いです。

障害者週間とは

「障害者週間」は、平成16年6月の障害者基本法の改正により、

障がいについての関心と理解を深めるとともに、

障がいを持つ人たちが社会、経済、文化などの活動に積極的にかかわる

意欲を高めることを目的に制定されました。

「障害についての理解を深め、障害を持つ人も活躍できるようにする社会を作る」

そんな意味がこめられた一週間なんですね。

障害者週間の経緯

以上の趣旨で制定された障害者週間ですが、

なぜ、12月3日から9日までなのでしょうか?

それは、日本では以前まで12月9日が「障害者の日」とされていたことに由来します。

12月9日は、昭和50年に「障害者の権利宣言」が国連で採択された日でした。

その後、平成5年に12月9日を「障害者の日」とすることに決まったのです。

それでは、なぜ12月3日からなのでしょうか?

それは、同じく国連で「障害者に関する世界行動計画」が採択された日であるからです。

これを記念して、平成4年には国連総会で12月3日を

「国連障害者デー」とすることが決まりました。

ということで、日本では「国連障害者デー」である12月3日から、

「障害者の日」であった12月9日を

「障害者週間」としたということです。

障害者ってなんだろう

以上、障害者週間について解説してきました。

では、そもそも「障害者」ってなんなのでしょう。

障碍者基本法によれば、障害者の定義は、

「身体障害、知的障害又は精神障害があるため、継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者」とされています。

つまり、目が見えない、耳が聞こえないなどの身体的なもののほか、

知的な機能の発達が遅れたり制約がある、

幻覚、妄想などの症状がある統合失調症、

気分が落ち込みやすい気分障害など、

その種類はさまざまです。

今回、私自身も調べてこんなに障害の種類が多いのだと驚きました。

そして、大切なのは「障害者」とひとくくりにせず、

一人一人を見ていくことだと感じました。

健常者、障害者とひとくくりにせず、

目の前の人自身に向き合う、

そんな人間でありたいと思います。

おまけ 障害者という言葉

「障害者」という言葉にずっと違和感がありました。

「障害」というと、害を持つ人のようで、なんとなく悪いイメージがあったからです。

そんな時、こんなページを見つけました。

「“しょうがい者”という言葉を言い換えよう」と提案した9歳の子に対し、小児科医の返答が素敵→ネット民「優しい世界」
「障害者」、「障がい者」という言葉に対し、なんとなくネガティブなイメージを持っている人も少なくないでしょう。Twitterでは、こんなツイートが注目されています。『しょうがい者という言葉は言われた人が嫌だ...

「障害」とはその人のことではなく、

その人と社会の間にある「壁」を意味している。

そして、その壁がなくなったとき、

「しょうがい」という言葉もなくなる、と。

障害者を作っているのは、私自身なのかもしれない。

そう感じさせられる一言でした。

ちなみに、障害者のことは英語だと

person with disabilities

が一般的ですが、最近は

“challenged person”

という表現も定着しつつあります。

何かに向かって「挑戦する」人、

なんだかかっこいいなあと思いました。


せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
にほんごこうざ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました