AdSense コード

七五三の由来と千歳飴について

せんちゃんブログ

11月に入りました。

11月のメイン行事といえば、、、そう「七五三」。

子どものとき、晴れ着を着て写真を撮ったり、千歳飴を食べたりした人も

多いのではないでしょうか。

ところであなたは、なぜ七五三のお祝いをするか知っていますか?

日本の伝統行事でありながら、由来については知らない人も

多いのではないでしょうか。

そこで今回のテーマは「七五三」をテーマにしてみました!!

この記事を読んで、七五三についての知識を深めましょう^^

七五三の由来

まず、七五三はいつ始まったのでしょうか?

七五三は、平安時代、子どもの長寿と健康をお祝いするために始められました。

その昔、子どもの死亡率がとても高かったことが背景にあります。

次に、なぜ3歳、5歳、7歳で祝うのでしょうか?

それは、この3つの時期に「髪置き」「袴着」「帯解き」という、

行事が行われていたからです。

それぞれの行事を簡単に説明すると、

髪置き:子どもが髪を伸ばし始める3歳の節目に行う行事。

袴着:子どもが初めて袴をつけるときに行う行事。平安時代は男女関係なく行われた。

帯解き:紐付きの着物から卒業し、本裁ちの着物に帯を締める節目に行われた行事。

この三つの行事がもととなり、今の七五三の形ができた、というわけです。

千歳飴とは

七五三に欠かせないのが千歳飴です。

千歳飴は、長さがながーいのが特徴で、

そこには「細く長く」と「粘り強く」元気に健やかに成長してほしい、

という願いが込められています。

この千歳飴は由来が諸説ありますが、有力なものとして、

「千年飴」という名前で売られていたものが「千年生きられる」

縁起の良いものとして広まったことがあります。

そんな千歳飴、小さい子どもにとっては全部食べるのが大変なこともしばしば。

そんな時は、家族で分けて食べるのがよいとのこと。

縁起物を家族で食べるとさらに運気がアップしそうですね!!

七五三は子どもの健康と成長を願う大切な行事!

いかがでしたか?

今回は、日本特有の行事である、七五三についてみてきました。

平安時代から続く、子どもの健康と成長を願う大切な行事であることが

わかりました。

お近くに七五三のいる方は、千歳飴を送ってお祝いするのもいいですね!!


京の千歳飴 2本入 (千歳あめ いちごみるく味2本) 手提げ袋入り
せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました