AdSense コード

やさしい日本語はほんとうにやさしいか?

にほんごこうざ

私事ですが、昨日、日本語教育能力検定試験を受けて参りました。

そこで登場したのが「やさしい日本語」。

このやさしい日本語、東京オリンピックもあり注目度が高まっているものの、知らない人も結構多いのではないでしょうか。

実際私もノーマークでした(トホホ)

ということで、今回はやさしい日本語について、解説していきます。

これを読めば、あなたも日本語に対して、少し違った見方をするようになるかもしれません。

やさしい日本語とは

そもそも、やさしい日本語とはなんでしょうか?

「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、

外国人にもわかりやすい日本語のことを指します。

やさしい日本語ができたきっかけは、1995年1月に起きた阪神・淡路大震災です。

この震災では、日本に住んでいた多くの外国人も被害を受けました。

しかし、彼らのなかにはニュースで報道された日本語が理解できないために必要な情報を受け取ることができない人もいました。

そこで、災害時にも十分な情報を受け取れるように作られたのが「やさしい日本語」の始まりといえます。

やさしい日本語の例

では、やさしい日本語の例についてみていきましょう。

「島根国際センターの発行する、「やさしい日本語の手引き」には、以下のポイントが

書かれています。

  1. 伝える情報を選択し、必要に応じて補足説明をする
  2. 一つの文を短くし、簡単な構造にする
  3. 難しい語彙は、簡単な語彙に言い換える
  4. あいまいな言葉は使わない
  5. 文末はなるべく統一する
  6. 漢字にはルビ(ふりがな)をつける

ポイントは、「構造を簡単に」したり、「必要に応じて説明を加え」ることで、

相手が理解できる日本語に変換することです!

実際の例としては、

「台風の影響で、東京~上野間でJRが不通となっています。」を

「台風のため、東京駅から上野駅までの間で、電車が止まっています。」

としたり、

「今朝、6時37分、関東地方で強い地震が発生しました。気象庁は最大深度5の地震が起きる可能性があるとして注意を呼び掛けています」を

「きょうの朝、6時37分、関東地方で大きな地震が起きました。この後も大きい地震がくるかもしれません。注意してください。」

といったように、難しい漢語を和語に置き換えたり、必要に応じて説明を加えることで、

やさしい日本語にすることができます。

やさしい日本語への批判と実態

やさしい日本語は外国人に配慮した言葉といえますが、

一方でこのような批判もあります。

「外国人向けなら、日本語ではなく英語で伝えたほうがよい」

たしかに、英語がわかる人は英語のほうが間違えなく伝えることができます。

しかし、日本に来る外国人の中には、英語がわからない人もたくさんいます。

特に最近はベトナムなどの東南アジア出身の労働者も多く、彼らの多くは

英語より日本語のほうが理解しやすい言語です。

それに、他の地域でも英語が理解できない人はたくさんいます。

(余談ですが、私が東ヨーロッパに行ったときは、町で英語を理解してくれる人は若者を除きほぼ皆無でした)

「外国人だから英語を使えばよい」という発想は、限界があるのではないでしょうか。

また、このような批判もあります。

「ひらがなだけの日本語はかえってわかりにくいのでは」

確かに、漢字をある程度読める人にとっては、

ひらがなだけの日本語はわかりにくいでしょう。

しかし、漢字はひらがなとは作りの全く異なる文字であり、

日本語初級レベルの人にとっては、読むのがかなり難しいのです。

私たちだって、異なる形態を持つ語(例えばタイ語とか)を読んでくださいと

いわれても、難しいですよね。

ひらがなにカタカナ、そして漢字と3つも形態を持つ日本語は

世界でもかなり習得が困難な言語のひとつであることは間違いありません。

ですから、その中でも最も基本的なひらがなで書いているほうが、

多くの外国人にとってはわかりやすいのです。

やさしい日本語を活用する

これまでやさしい日本語についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

やさしい日本語は「外国人が理解できるよう、わかりやすくした日本語」であり、

主体は日本人ではなく外国人です。

そのことを考えると、上記の批判は少し的外れにも感じます。

コロナの影響で訪日外国人は減っているとはいえ、

日本食やポップカルチャーなど、日本への注目が世界的に高まっている今、

国籍関係なく誰もが理解できる日本語のありかたを考える時なのかもしれません。

それでは、また~!

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
にほんごこうざ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました