AdSense コード

アメリカの運転免許事情

世界の日常

昨年車の免許を取得してはや一年がたとうとしています。

免許合宿に申し込んだため、費用は通学よりは大分安かったです。

しかし、それでも20万円(宿泊費、食費込みですが)はかかりました。

でもこれ、他の国で見ると異常な金額のようです。

以前アメリカの友達にこの話をしたところ、

Too expensive(高すぎ!)

といわれたのを思い出しました。

アメリカでは節約のため、家族や友達に手伝ってもらい、自分で練習するらしいです。

だから、免許取得にかかる費用は試験代くらいとのこと。

しかもアメリカは16才、つまり高校生になってすぐに免許とれるんですよね。

世界の免許事情を知ると、日本が普通じゃないって感じますね。

参考

アメリカで運転免許を取ろう!取得できる年齢や更新時の知識 - せかいじゅうライフ-海外移住をもっと身近に世界で暮らす情報メディア-
アメリカに滞在すると決まったら始めたいことの一つに、運転免許証を取得する準備があります。 ほとんどの州で車の運転は必要とされるので、免許証を早いうちから持っていた方が生活も何かと楽になりますよ。 アメリカでは、ほとんどの州で車の運転は必要とされます。そのため、免許証を早いうちから持っていた方が生活も何かと楽になります。...

Too expensive Japanese driver license

Have you ever heard the price to get the driver license in Japan?

If you take part in the license camp held by driving school, it is from 200 thousand yen.

If you go to the driving school, it is more than 200 thousand yen!

I had thought it was usual, but according to my American friend,

“Too expensive!”

In the United States, it is common to practice driving with their family or friends,

therefore, they do not have to pay too much money in order to take the license.

I hope Japanese system about driver license will change in the near future…

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
世界の日常
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました