AdSense コード

福岡にある世界遺産 宗像大社について みどころとアクセス紹介

せんちゃんブログ

九州旅行記事第二弾!

博多旅行といえばやはり太宰府天満宮が思い浮かべられがち。

しかし、今回はあえて王道を外してみました。

福岡県にある世界遺産、宗像大社。

「神宿る島」ともいわれる宗像の大きな見どころです。

今回は、この宗像大社について紹介します!

基本情報

宗像大社は、福岡県にある世界遺産。

日本神話に登場する日本最古の神社の一つで、

田心姫神(たごりひめのかみ)、 湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)の

宗像三女神が祭られています。

また、宗像大社は3つの宮から成り立っており、それぞれ

沖津宮(おきつぐう)、中津宮(なかつぐう)、辺津宮(へつぐう)と

呼ばれています。

この記事では、最も見ごたえがあり、かつ行きやすい(と思われる)

辺津宮について紹介します。

辺津宮の見どころ

大鳥居

バスを降りると、まず参拝客を迎えてくれる、大きな鳥居。

辺津宮には鳥居が二つあります。

一礼して、先に進みましょう^^

本殿と拝殿

鳥居をくぐると見えてくるのが拝殿です。

さらに、拝殿の奥にあるのが本殿で、

こちらは五間社両流造といって、後ろより前が長い作りになっているのだそう。

大きなしめ縄が立派ですね。

おみくじもあるので引いてみたところ、大吉でした!!

いいことがありそうな気がします^^

御神木

本殿の右側にある、楢の木。

樹齢550年という超立派な木です。

近づいて、パワーを頂戴しましょう。

アクセス

博多駅からJR鹿児島本線で東郷駅まで行き、そこから西鉄バスで15分ほどで

到着します。

注意点としては、バスの本数がかなり少ないこと。

お出かけの際は、時刻表のチェックをお忘れなく!!

宗像大社 公式ホームページ
宗像大社は、日本神話に登場する日本最古の神社の一つです。御祭神は、天照大神の三女神で、沖津宮、中津宮、辺津宮にそれぞれ祀られ、この三宮を総称して、宗像大社といいます。

神宿る島でパワーチャージ!

いかがでしたか?

今回は、福岡県にある世界遺産、宗像大社について紹介してきました。

博多駅から一時間弱と少し遠いですが、

ちょっとマイナーな観光スポットに行きたい!という人にはうってつけの場所です。

みなさんもぜひ「神宿る島・宗像」で

パワーチャージをしてみてはいかがでしょうか?

それでは、また〜!

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました