AdSense コード

DRAMとSRAMとは?概要と違いについてわかりやすく解説

基本情報技術者試験

みなさん、こんにちは。

早いもので3月ももうすぐ終わり、

来週は4月ですね!!

4月は基本情報技術者試験がやってまいります。

今日は、上記試験で出やすいDRAMとSRAMの違いについて解説していきます。

その前に、まずはRAMについて説明していきますね。

RAMとは

RAMとはRandam Access Memoryの略で、

読み書きできるメモリを指します。

メモリってなに!という方のために説明しますと、

パソコンとかで情報を記憶しておく部品のことです。

特徴としては、RAMのデータは頻繁に書き換えられ、電源を切るとデータも消えてしまうということ。

これをIT世界では「揮発性」といいます。

ちなみに読み取り専用のメモリのことは

ROM(Read Only Memory)といいます。

リード(読み取り)オンリー(専用の)メモリということですね。

こちらはRAMと対象的に、電源を切ってもデータは消えない「不揮発性」のメモリです。

DRAMとは

次に、DRAMについて説明します。

DRAMはDynamic RAMの略で、

記憶データをコンデンサとして蓄えます。

情報保存のために定期的に情報を読み出し、再度書き込む「リフレッシュ」

という動作が必要です。

そのため動作は低速ですが、集積度が高く、安価なのが特徴です。

SRAMとは

SRAMはStaticRAMの略。

フリップフロップ回路を用いており、情報保存にリフレッシュは必要ありません。

そのため動作は高速ですが、集積度が低く、DRAMよりは高価です。

DRAMとSRAMの用途

DRAMは主記憶装置として使われるのに対し、SRAMはキャッシュメモリとして

使われるのが一般的です。

DRAMを補うのがSRAM、と考えるとよいでしょう。

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
基本情報技術者試験
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました