AdSense コード

日商簿記3級 第一問対策 仕訳ポイント③ 仮払金と前受金について

日商簿記3級

今回は、実際の試験から出題してみます!

ぜひ、挑戦してみてください!

【第149回第一問・改題】

従業員が出張から戻り、旅費の残高5000円と、商品販売にかかる手付金10000円を現金で受け取った。

従業員には旅費の概算20000円を渡していた。

【解答】

旅費交通費   5000 仮払金 20000

現金    25000   前受金 10000

【解説】

1. 旅費の精算

従業員への概算払をした旅費は、仮払金(資産)の増加として処理します。

出張から戻り、旅費が確定したときに仮払金を減少させ、

旅費交通費(費用)などに振り替えます。

旅費交通費   5000 仮払金 20000

現金    15000

2.手付金の受け取り

受け取った金額を現金の増加として処理し、借方は前受金の増加として処理します。

現金 10000 前受金 10000

3.1.2の仕訳を併せて完成です。

旅費交通費   5000 仮払金 20000

現金    25000   前受金 10000

ポイント

「概算払は仮払金の増加」

「手付金の受け取りは前受金の増加」

併せて覚えましょう!!

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
日商簿記3級
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました