AdSense コード

ふるさとワーキングホリデーとは? 参加しての感想とおすすめできる人、できない人

ふるさとワーキングホリデーとは

ふるさとワーキングホリデーは、簡単に言うと、

地方に滞在しながら仕事をし、地元の人と交流することで地域の暮らしを知る

制度のことです。

具体的には、2週間から1ヶ月程度の期間、日本の地方に滞在して、その地域の仕事をしたり、イベントに参加したりします。

地域により、往復の交通費や滞在費の支給があったりしますが、自己負担の地域もあります。

仕事内容は、農業やホテル業、観光業など様々で、基本的に働いた分は報酬が得られます。

海外であるワーキングホリデーを参考にした制度ですが、

2週間程度の短期間から参加でき、

仕事の対価として報酬がもらえる、

また、そもそもの目的として、地方に魅力を感じてもらうことがある

という点で、海外のものとは異なる、日本独自の制度と言えます。

参加しての感想

ここからは、学生時代に福島と福井、

社会人になってから長野のわーほりに参加した私の体験記と感想についてご説明します。

まず、福島と福井はそれぞれ約2週間、福島では花樹農園、福井では地元の特産品を使った料理屋さんでワーホリをしました。

福島では県が用意した簡易的な宿泊施設、福井では料亭の別荘に宿泊しました。

どちらも食費、宿泊費については負担なく、交通費のみ実費負担でした。

どちらも滞在期間中は基本的に仕事をしていましたが、週に1,2日はお休みがあり、

県のイベントのお手伝いをしたり、観光施設にいったりしました。

仕事中は地元の人との交流はあまりなく、福井の方はリゾートバイトと同じような感覚でした。

一方、長野は5日間という短期の参加ながら

仕事も決まったところでなく、カフェやコミュニティ・スクールの運営補助、農家さんのお手伝いなど様々なことを体験しました。

宿泊は市民農園で、宿泊費、食費ともに自己負担でした。

こちらは仕事だけでなく地元の人と話す機会も多くあり、地域の良さや特色について

深く学ぶことができました。

仕事時間もそれほど長くなく自己負担額も多いため、収入と支出の差額はほぼゼロでしたが、

個人的には上2つと比べて、より制度の目的に合致している場所かなと感じました。

おすすめできる人とできない人、注意点

ふるさとワーキングホリデーの魅力は、地方に滞在しながら地元の人と関われる点にあります。

なので、「地方に住みながらアルバイトしてみたい!」

「旅とは違う、地元の人と関わる体験がしたい!」

という人におすすめの制度です。

一方、場所によっては滞在費、宿泊費がかかったり、お住まいの地域から遠い場所では交通費がかかってくるので、

お金を稼ぎたい人にはあまり向いていないと思います。

また、注意点として、地域によってワーキング(仕事)とホリデー(休暇)の比重が異なります。

実りのあるワーホリにするためには、

参加団体の説明会に参加したり、自身でも希望を積極的に伝えていく必要がありますね。

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
せんちゃんブログ
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました