AdSense コード

十三夜とは?由来と十五夜の関係について

日本の行事

2021年10月18日は、十三夜です。

ところで皆さんは十三夜について知っていますか?

十五夜は知っている人が多いですが、十三夜については

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、十三夜の由来と十五夜の関係、お供物について解説していきます!

十三夜とは

十三夜は旧暦の9月13日~14日の夜のことをいいます。

それでは十三夜はいつから始まったのでしょうか。

十三夜の始まりは、平安時代に醍醐天皇によって行われた月見の宴だとされています。

また、平安時代後期の書物には明月の宴が催されたことが記されており、

平安時代から風習として親しまれていたことが分かります。

十五夜との違い

十五夜が中国伝来の風習ですが、十三夜は日本で始まった風習です。

十五夜では月の神様に豊作を願いますが、十三夜は、秋の収穫に感謝するのが主とされています。

しかしどちらもお月見を楽しむことを大切にしており、合わせて「二夜の月」と呼ばれます。

どちらか一方しか見ないことは片月見(かたみづき)と呼ばれ、縁起の悪いこととされていました。

十三夜のお供物

まずは、月見団子ですね。

十三夜の場合は、13個のお団子を用意し、1段目に9個、2段目に4個並べるのが正式。

お月様から見えるところや、床の間にお供えします。

また、栗やぶどうなど、旬の果物をお供えし、秋の実りに感謝します。

そして、収穫物と一緒にススキを飾ります。

ススキの鋭い切り口は、魔除けとして悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願うものとされています。

秋の夜長に素敵な十三夜を!

いかがでしたか?

今回は、日本古来の風習、十三夜について見てきました。

この時期はすっかり秋めいて気候も良く、お月見にはピッタリの時期ですね。

みなさんもお月様を愛でながら、素敵な十三夜をお過ごしください^^

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
日本の行事
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました