AdSense コード

Azure Site RecoveryとBackupとは

IT基礎

Azure Site Recovery(ASR)

ディザスタリカバリ(DR)構成で使用される。

仮想マシンを別のリージョン(場所みたいなもの)に複製しておき、

障害発生時に複製をもとに仮想マシンを新しく作る作業を自動化したもの。

Azureリージョン間での構築を基本としている。

Azure Backup

仮想マシンのイメージ、ファイル単位のバックアップをAzureのBLOBストレージに保存する。

バックアップ元として、オンプレミス環境の物理サーバー、Hyper-VやVMwareの仮想マシン、

Azureの仮想マシン、SQLサーバーなど対象は幅広い。

ASRとBackupの使い分け

ASRは、フェールオーバー機能を提供しているため、

安全にディザスタリカバリー(災害復旧=何かあった際の回復)のテストができる。

RPO(目標復旧時点)が約5分、RTO(目標復旧時間)が約2時間となる。

言い換えると、た最短2時間でもとに戻すことができる。

一方、Azure Backupのスケジュールバックアップは「1日1回」なので、RPOは最短でも1日になってしまう。

DR構成には基本的にASRを使用するのが良いと思われる。

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました