AdSense コード

【IT初心者向け】ドライブとは?WindowsのC/Dドライブの使い分け

IT基礎

こんにちは。

今日は久しぶりにIT用語の解説をしていきたいと思います。

本日のテーマは「ドライブ」。

一般的には車の運転ですが、IT世界のドライブはなにを指すのでしょうか?

それでは、早速見ていきましょう。

ドライブとは

ドライブ、英語いうとDriveには、もともと「動かすための装置」

という意味があります。

IT世界では、「コンピュータがデータの読み書き、保存をする装置」になります。

ドライブはCD-ROMなど外付けタイプだけでなく、

内蔵されているハードディスクもあり、形は様々です。

今ではすっかりおなじみの「GoogleDrive」も、

データの保存をするという意味で

文字通り、ドライブの一種となります。

Windowsのドライブ

大多数の方が使われているであろうWindowsでは、

PCの下に「Cドライブ」が必ず搭載されています。

表示方法は、「エクスプローラー」(黄色いファイルみたいなアイコンのやつです)で「PC」をクリックすることで

見られます。

ここでCドライブの空き容量を確認することができますね。

ちなみに、Cドライブは論理的に区切ることもできます。

論理的にというのは、物理的には1つだけど、見かけ上2つにするというかんじです。

これには仮にCドライブが壊れてしまったとしても、別のドライブにデータを保存しておけば

別のドライブからもとに戻すことができるというメリットがあります。

一般的には、CドライブとDドライブがよく使われますね。

2つの違いについては以下の記事が参考になりました!

CドライブとDドライブとは?違いについて | パソコンの問題を改善
「Cドライブ」と「Dドライブ」とは?違いについて初心者の方でも理解できるように、図解を使い説明しております。 以下の3項目に分けてかみ砕いて説明しています。①そもそもドライブとは? ②物理ドライブがいくつあるのか見分ける方法 ③なぜCドライブとDドライブがあるのか?

ドライブを賢く使おう

いかがでしたか。

今回はIT世界における「ドライブ」について見てきました。

Windowsのドライブについては、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

また、最近はドライブが搭載されていないパソコンなんかも出てきたようです。

みなさんも自分の使っているパソコンのドライブについて

見てみると面白いかもしれません。

ぜひ、ドライブを賢く使って

ワンランクアップしたIT生活を送りましょう!

せんちゃん

群馬県出身、25才のシステムエンジニア。

大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。
カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。
在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。

現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました