AdSense コード

LINE便利機能その④ ミーティング機能

IT基礎

ステイホームが続く中、今やビデオ会議は

遠くの人とコミュニケーションする上で必須アイテムとなりましたね。

Zoomをはじめ、マイクロソフトのTeams、最近はGoogleも

GoogleMeetsというビデオ会議システムを導入しましたね。

さて、そんなビデオ会議、実はLINEでもできるって知っていますか?

今回はLINEの便利機能その④として、

ミーティング機能を紹介します!

LINEミーティング機能使い方

では、さっそくミーティング機能の使い方について見ていきましょう。

ミーティングリンクを作成

トークを選択、「トーク」表示の右にあるカメラボタンをクリックします。

下にある「ミーティングを作成」をクリック。

「〇〇のミーティング」の部分は鉛筆マークを押すと編集できます。

ミーティングリンクを共有

作成したミーティングリンクを参加メンバーに共有します。

招待、もしくはコピーをして参加メンバーの人に共有しましょう。

時間になったら入室

参加メンバーと決めておいた時間になったら

作成したリンクをクリックしてミーティングを始めます。

他のメンバーも同様にクリックするだけでOKです。

LINEミーティングのメリットデメリット

メリットはなんと言っても他のビデオ会議ツールを使わなくて済むことです。

普段使っているLINEだけでいいのは楽でいいですね。

じゃあLINE電話でいいじゃん!と思うかもしれませんが、

電話の場合、どちらからかけるか、またかけても相手が出ずかけなおすなど、

意外と面倒だったりします。

そんなとき、ミーティング機能を使えば

お互い準備が整ったところで参加できるので

ストレスフルなツールと言えるでしょう。

ただし、LINEミーティングはLINE電話と違い、

ビデオを反転できません。

なので、話しながら外の景色を映すなんてことはちょっとやりづらいかもしれません。

これは他のビデオ会議システムと一緒ですね。

ミーティングとして使う分には特に問題はないかと思います。

ミーティング機能を使いこなしてすてきなLINE生活を

いかがでしたか。

今回は意外と知らない、LINEのミーティング機能について紹介しました。

遠くに住む人となかなか会えない日が続きますが、

LINEミーティング機能を使って、

楽しいひとときを過ごしましょう!

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました