AdSense コード

インターネット接続  下り回線とは? 

IT基礎

最近、自宅のネット回線が安定しないので、

ネット接続を見直そうかと思っています。

「下り回線bps」という言葉が出てきますが、一体何のこと?

気になったので、調べてみました。

下り回線とは

インターネットには、上り回線と下り回線があります。

上り回線は、インターネットにデータ送信を行うときの回線のこと。

具体的には、メールやLINEでテキストを送ったり、

ブログに画像をアップロードしたりするときの速度のことです。

一方、下り回線はインターネットからパソコン、スマホへデータ受信を行うときの回線のこと。

メールの受信やウェブサイト閲覧、画像をダウンロードするときに

重要になります。

回線の単位

下り回線には、「bps」(bit per second)という単位が使われます。

これは、一秒間に何ビットのデータを伝送できるかを表しており、

この数字が大きいほど、より早く受信、閲覧、ダウンロードができる

ということになります。

単位としては、

1秒間に1,000ビットなら1Kbps(キロビーピーエス)、

1秒間に100万ビットなら1Mbps(メガビーピーエス)、

1秒間に10億ビットなら1Gbps(ギガビーピーエス)となります。

シーン別回線速度の目安

では、具体的にどのくらい回線速度があればよいのか、

シーンごとに分けてみていきましょう。

ブラウザでWebサイトを閲覧する場合、10~30Mbpsの下り回線があれば十分です。

また、Youtubeといった動画を見る場合は、標準画質であれば10Mbpsあれば十分です。

一方、高画質やさらに高画質な4Kの動画を視聴する場合は、30Mbps以上が目安となるでしょう。

ゲームの場合は、下り速度は速ければ速いほどゲームを快適に行うことができます。

目安として、100Mbps以上あるといいでしょう。

十分な回線速度で快適なインターネット生活を!

いかがでしたか?

今回は、インターネット使用時に重要な回線について見てきました!

私も回線を一つの目安に、安定したインターネット回線を早く手に入れたいです。。

それでは、また〜!

参考

回線速度の「上り」と「下り」とは?高速通信するなら下り速度に注目! | iTSCOM for Business
インターネットを利用中「ダウンロードのみが遅い」と不満に感じている方もいるのではないでしょうか。それは「上り」と「下り」という回線速度のうち、下りが遅いからです。この記事では、ダウンロードに関わる「下り」の重要性についてまとめました。下りだけが遅い場合の対処法や、ビジネスにおすすめの光回線サービスについても紹介します。
光回線の平均通信速度はどれくらい? 下り回線の快適な速度をケース別に解説
同じ光回線でもその通信速度は回線事業者やプロバイダーによって異なります。では目安となる平均通信速度はどれくらいなのでしょうか。今回はとくに光回線における下り回線について、快適にインターネットが利用できるスピードの目安をケース別にご紹介していきます。
せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
IT基礎
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました