AdSense コード

父の日とは?由来と贈り物について

日本の行事

本日6月20日は父の日です。

日本では母の日と比べてすこーし影の薄い父の日ですが、皆さんは父の日について、どのくらいご存じでしょうか。

本記事では、父の日の由来と贈り物について解説していきます。

父の日の由来

以前、母の日がアメリカ発症であることを特集しましたが、

父の日も母の日と同じくアメリカ発祥の祝日なのです。


アメリカの女性、ソノラ・スマート・ドットが由来とされています。
彼女の父親は軍人でありながら、男手一つで彼女含め、6人のこどもを育てていました。

そんな彼女はある日、母の日の行事に参加し、母の日同様、父の日もあってしかるべきと考えます。

1909年牧師に思いを伝え、翌年彼女の父親の誕生日である6月に、初めて父の日の式典が開催されました。
これが、現在の父の日の由来とされています。

父の日の贈り物

母の日といえばカーネーションですが、父の日というと、どんなものを贈ればいいのか、

迷う人も少なくないかもしれません。

父の日は、黄色いバラが一般的です。

それは、父の日の由来となったドット婦人にあります。

彼女は、白いバラを亡き父親のお墓に供えたと言われており、それが日本にも伝わりました。

しかし、日本では白よりも「幸福」を表す黄色が浸透し、黄色のバラを贈ることが広まりました。


黄色のバラの花言葉は、「献身」、そして「平和」。父の日には黄色いバラを送って

日頃の感謝の気持ちを伝えるのもおすすめです。

大切な人に感謝の気持ちを表そう!

さて、今回は父の日の由来と贈り物について見てきました。

日々の中で、身近な人に気持ちを伝えることは大切でありながら

ついつい後回しにしてしまいがちです。

父の日にはぜひ日頃の感謝の気持ちを表し、

素敵なひとときを過ごせるといいですね。

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
日本の行事
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました