AdSense コード

【元文系SE が語る】文系学生がIT 企業でSE として内定をとる3つの極意

就活

今、文系の中でSE(システムエンジニア)を目指す人が増えています。
しかし、文系の学生にとってSEを目指すには不安も多いはず。


そこで、この記事では文系だった私がSEになるために行った3つのことを紹介します!

情報系の資格を取得する

一つ目は、「情報系の資格取得」です。

中でもお勧めしたいのが、「ITパスポート試験」。

この試験は、「ITを利活用するすべての社会人、これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家資格です」。(ITパスポート試験 公式サイトより。)つまり、これからIT業界で働く学生にとって、入り口となる資格になるんです!


しかも、ITパスポートは立派な国家資格。そのため、ESや面接でも「ITの知識を持っている」証明書になります!


「IT業界を目指したいけど何から始めたらいいのか・・・」という人におすすめの資格です!


ITパスポート試験の詳細はこちら↓

プログラミングをやってみる


二つ目は、「プログラミング」です。

でも文系の人にとって、プログラミングってなんだか難しそうなイメージありますよね。

そこでお勧めするのが「Progate」というサイトです。

Progateのすごいところは、HTMLやCSS,PHPなど基礎レベルの18レッスンをすべて無料で受けられるところ。初心者でもお手軽に、たのしく始められるのがProgateの良さです。


私も実際Progateでホームページ作成の際に使うHTMLを学び、自分の書いたコードによってサイトの画面が作れることに感動しました。

Progateをとおしてプログラミングに対する抵抗感がなくなったこと、自分の書いたコードでものが動かせる楽しさを面接でアピールし、内定を取ることが出来ました。

Progateの詳細はこちら↓

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

ITに関する情報に詳しくなる


三つめは、「IT情報の収集」です。これはSEに限らずですが、IT業界を志す人は誰でも行ってほしいことです。

例えば、「GAFAが独占禁止法に違反しているとして、アメリカ大統領が規制を行おうとしており、私たちも今後の流れに注目していく必要があると考えております」などと添えられれば、IT業界の動向に日ごろから興味を持っていることをアピールできます。

ぜひ、日ごろから情報収集する際に、IT系の情報に特にアンテナを張ってみるようにしてください。

結論 文系でもSEとして内定がとれる!

文系の学生にとってIT企業を目指すのは狭き門に感じるかもしれません。

しかし、確実に需要は伸びています。

「ITパスポート試験合格」「Progeteでプログラミング」「IT関連情報の収集」を行って、SEの道を開きましょう!

せんちゃん

【New!7/1】群馬県出身、26歳のコンサルタント。(5/1転職しました!)

大学時代、カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。TOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、ITパスポート試験合格など幅広い資格取得。

社会人となってからはシステムエンジニアとして働きながら、
日本語教育能力検定試験やMicrosoftAzureAdministrator,基本情報技術者試験、簿記3級など幅広く資格学習も行う。

2022年5月、某外資系Slerからコンサルティング業界に転職。
現在、ITコンサルタントとして奮闘中。

せんちゃんをフォローする
就活
スポンサーリンク
せんちゃんブログ
タイトルとURLをコピーしました